SPECIAL
Now! Osaka

OH!MIDOSUJI
歩いて楽しむ大阪のメインストリート!

2021.11.19

大阪を南北に貫いているメインストリートとして大阪で一番有名な道である御堂筋。
大阪一の利用者を誇るOsakaMetro御堂筋線はその道路下の地下空間を走っています。
11月に入って、御堂筋のシンボルであるイチョウ並木が色づいてきました。夜はイルミネーションで輝きます。大阪の自慢の都市景観、ぜひ、楽しんでください!

01

パリの街並みがモデル

南北を走る通りが少なかった大阪に道路を作る計画ができ、御堂筋を広げる工事が始まったのは1926年のこと。この整備にあたって、モデルとしたのがパリをはじめとするヨーロッパの都市。そういえば、街灯などの雰囲気がシャンゼリゼ通りにどことなく似ていると思いませんか?ビジネスマンたちが足早に行き来するオフィス街も、電線を地下に埋め、圧迫感のない街並みにしたことで、ゆとりある空間が生まれたのですね。淀屋橋~本町付近は大企業のオフィスやショールーム、そしておしゃれなカフェにレトロビル、心斎橋へと近づいていくとブランドショップが建ち並び、いろんな景色が楽しめます。
北から南まで約4㎞、1時間程度で歩こうと思えば歩ける距離です。

御堂筋の道路 御堂筋の道路

02

シンボルのイチョウ並木、
これから見ごろです!

こんな都会の真ん中で、秋の深まりを感じさせてくれるシンボルツリー、それが街路樹として植えられたイチョウの木。新緑の時期も爽やかでいいですが、黄金色に染まる御堂筋は大阪が誇る景観のひとつで、道路を飾る落ち葉とともに黄金ラインが続く風景はなかなかの迫力です。
11月下旬から12月上旬、だんだん色づいて落葉すると、大阪に木枯らしが吹き荒れ、いよいよ冬の到来です。

これらのイチョウ、今では800本以上が並び、すべての樹木に対して調査を行い、樹木カルテが作られているんです。美しい都市景観を維持するために、さまざまな人の努力があるんですね!

詳しい記事はこちら
大阪市内・御堂筋から秋のお便り! イチョウ並木が黄金ラインになってきました

シンボルのイチョウ並木 シンボルのイチョウ並木

03

夜はイルミネーションで
光輝く

イルミネーション イルミネーション

今年も11月3日から「大阪・光の饗宴2021」が始まりました。薄暗くなり始める17時頃から、イチョウ並木がエリアごとに色とりどりの光をまとい、明るさを変化させます。これだけの街路樹がいっせいに光り輝くので、それはもう圧巻です。
合わせて中之島公園や大阪市中央公会堂、そして沿道のビルのライトアップも楽しんで♪


御堂筋イルミネーション

  • [住所] 御堂筋(阪神前交差点~難波西口交差点)
  • [アクセス] 御堂筋線「梅田駅」~「なんば駅」間各駅
  • [開催期間] 11月3日(祝)~12月31日(金)※点灯時間17:00頃~23:00

紹介したスポット

御堂筋イチョウ並木

[アクセス] 「淀屋橋駅」「本町駅」「心斎橋駅」からすぐ