metro color

ラグビーワールドカップ2019
日本開催は初☆ 大阪で一緒に楽しみませんか!

2019.09.27

中国

Written by: コンちゃん(Kon chan)

● チケットがなくても大丈夫!

夏季オリンピック、サッカーワールドカップとともに、世界三大スポーツ祭典の1つに数えられるラグビーワールドカップが始まりました!今大会はアジア初となる日本開催。開幕戦から決勝まで、20チームが12の都市で熱い試合を繰り広げます。

そんな世界中が注目するビッグイベントですが「チケットがない」と嘆いている人も多いのでは?いやいや、ご安心ください!Osaka Metro天王寺駅から徒歩1分にある「てんしば」では、パブリックビューイングを開催しているのです。



大人も子どもも楽しめる

私が訪れたのは9月21日。てんしばはラグビーファンの聖地と化していました。
大型ビジョンで試合を観戦するファンゾーンには、すでに多くのラグビーファンが集結。芝生の上でフランスVSアルゼンチンの試合を楽しんでいます。周囲にはご当地グルメを販売する飲食ブースも。さすが大阪、たこ焼きもあります!



その他にもラグビー体験ができるアクティビティもあります。さっそく相手にタッチされたらパスを出すミニゲームを体験。うまくインターセプトしてトライできたときは、思わずガッツポーズ!普段はなかなかできないラグビー体験を楽しめました。


アクティビティで汗を流した後は、ビールを買って会場をうろうろ。そういえばラグビーファンの飲酒量はサッカーファンの6倍以上というデータがあるのだとか。試合前に飲み、試合が終わったら相手チームのファンと飲む人が多いそうです。ビール片手に歩いている人が多いです!

大興奮のパブリックビューイング

今から始まるのは、大会3連覇を目指すニュージーランドと、過去2回の優勝を誇り、前回大会でも3位に輝いた南アフリカの対戦!大会屈指の好カードです。
両チームのファンが見つめる大型スクリーンに、ニュージーランド代表の選手が映し出されます。全身黒のユニフォームを着用した彼らの愛称は「オールブラックス」。選手が揃うと「ハカ」という猛々しい踊りが始まりました。これは、対戦相手に敬意や感謝を表しているそうです。うん、かっこいい!てんしばのオールブラックスファンも大興奮!!

南アフリカだって負けていません。チームの愛称は「スプリングボクス」。同国を代表するガゼルによく似た草食動物が由来…、と聞くと可愛い感じがしますが、いやいやいやいや!体の大きさと高いフィジカルが特徴というチームだけあって、みんな強そうだ!

試合が始まると、ワンプレーごとに大きな歓声!この盛り上がり、さすがワールドカップです。選手の好プレイに感動し、みんなで一緒に応援できる臨場感がいいですね!


結果は23対13でニュージーランドが勝利しました!

ラグビーワールドカップは始まったばかり!てんしばでのパブリックビューイングは、9月28日(土)10月3日(木)5日(土)13日(日)にも開催されます。

なかでも注目は日本代表の試合ですよね!9月28日(土)は、世界ランク1位のアイルランド戦、10月5日(土)にはサモア戦、13日(日)にはスコットランド戦が開催されます。頑張れニッポン!

てんしばは御堂筋線・谷町線の天王寺駅からすぐなので、皆さんも熱い雰囲気を楽しんでください!

紹介したスポット

てんしば

[アクセス] 「天王寺駅」19号出口から徒歩約1分
「阿倍野駅」2号出口から徒歩約8分