Osaka Metroで巡る大阪ラーメン

Osaka Metroで巡るラーメンPart1
王道VS個性派 大阪ラーメン決戦、開幕!

2020.10.02

ja

Written by: ひこまる(Hikomaru)

● バラエティー豊かな麺々 相性ぴったりの一杯は?

いつでも、どこでも、ひとりでも。ラーメンは365日、気軽めしの強い味方。ランチ、晩ご飯、呑んだ後の締め…シチュエーションは違うけど、フラリ気軽に立ち寄れる駅前麺のリストが増えれば増えるほど、仕事やまち歩きが一層楽しくなる。

今や大阪のラーメンは、個性派ルーキーが続々と登場する群雄割拠の時代。味一つとっても豚骨に醤油、塩、味噌…とバラエティー豊かな濃い麺々ばかりで目移り必至。相性ぴったりの一杯との出合いは、もはや運命の相手とのマッチング並み?ならば婚活も麺活も、フットワークの軽さと先入観のない審美眼が肝心。

そこで今回は、ラーメンを愛し、ラーメンに愛された麺活ライターが、Osaka Metroに乗りこみ、駅前ラーメン店を東奔西走。「王道派」、「個性派」のジャンルからついにたどり着いた、いちずの愛ならぬ一杯をご紹介します。いざ実食!

● 誰もがド直球 昔ながらの中華そば「ストライク軒」

私のいち押し王道派ラーメンは、天神橋筋六丁目駅から徒歩2分の「ストライク軒」。100m先からでもすぐに分かる真っ黄色の外観が目印です。飲食店ひしめく天神橋筋商店街からも近く、アクセス抜群。終電ギリギリまで締めの一杯を楽しめるのはありがたい限り。うちの近所にもこんなお店があったらと、ついうらやましくなる。
昔ながらの中華そば「ストライク軒」

看板メニューは昔ながらの中華そば、ストレート(並780円)。煮卵にのりに青菜、うずまきなるとと、ビジュアルはまさに昔から愛される中華そば。煮干しと鶏ガラから取ったスープは、どこか懐かしく大人心をくすぐってやまない。誰からも愛される「ストライクゾーン広めのラーメンを」と考え、店主が全国各地のラーメン店を食べ歩いてこの味にたどりついたとか。ダシや製麺、具材に調理法まで、行くところまで行った感のある麺シーンで、あえての「ド直球勝負」に思わず拍手を送りたくなる。
ストライク軒 中華そば、ストレート

私がこのラーメンにほれた1番のポイントは、シンプルゆえの味の力強さ。余分なものをそぎ落とし、丁寧に作りこまれた分、素材のうまみ、コクがくっきり際立つ。磨きに磨き抜かれたスープはキレッキレの口当たりで、最後の一滴まで飲み干してしまうほど。

対するシンカー(並830円)は、「進化系」をもじったメニューで、鶏白湯と貝だしを合わせたうま味たっぷりのスープに、キャベツ、赤たまねぎなど一風変わった具材をトッピング。ストレートと大きな落差が楽しい。店名やメニューから分かる通り、店主は大の野球好き。椅子には「ファースト、セカンド…センター」など守備位置の札が掛けられ、他のお客さんとラーメンをすすれば、まるで野球チームの一員になった気分になるかも?
ストライク軒 シンカー

● 泡系ブーム到来 ゆず香る「ふく流ラーメン 轍 本町本店」

スープを泡立てることで口当たりを柔らかくするエスプーマ系ラーメン。そのブームの火付け役となったのが、本町駅から徒歩2分の「ふく流ラーメン 轍 本町本店」です。のれんを掲げて3年でグルメガイド「ミシュランガイド大阪2018年ビブグルマン」に選出され、その実力は折り紙付き。ラーメンファンのみならず、本町に訪れたら一度は確かめておきたい一杯です。
ふく流ラーメン 轍 本町本店

こちらのお店の代名詞、特製ふく流らーめん(900円)の特徴は、「2段泡仕立て」。まず鶏ガラをメインに豚の背ガラ、煮干しなどを加えたスープをブレンダーでクリーミーにミックス。仕上げに、ムース状のゆずエスプーマをスープの上一面にプシュ~とメーク。見た目はまるで生クリーム、口に含むと、ゆずの風味がふんわりまろやか。泡状にすることで独特の酸味が抑えられ、具材やスープと混ぜるほどに味の変化を演出。泡が物足りない人は、エスプーマ増し(100円)もあり。
特製ふく流らーめん

チャーシューは、外側はこんがり香ばしくあぶられ、中はしっとり。店長が手塩にかけ、わが子のようにじっくり育てたレアチャーシューだけに、これを目当てに訪れるリピーターも多数。エスプーマのタレをかけたレアチャーシュー丼(250円)とのセットメニューを食べれば、満腹満足。
レアチャーシュー丼

お店の前にも掲げられている通り、モットーは、「食に楽しみを」。スープを泡立てるアイデアも、「おいしさと楽しさを感じてほしい」からだそう。なるほど、確かに見た目といい、味といい、作り手のサービス精神と遊び心がたっぷり。食べる人の心も満タンにする、個性派ラーメンとしてぜひ一度味わってほしい!

● ラーメンがある限り ラーメン道は続くよ♪

大阪という土地柄、濃い麺々が集い、今回泣く泣く紹介しきれなかったラーメンがたくさんありました。自分が働き暮らすまちで、自分だけの麺マップを完成させる、そんな日常の楽しみを持てば、電車に乗る時間も少しだけ変わってくる。おいしいラーメンがある限り、Osaka Metroラーメン道は続くよ、どこまでも♪

>>Part2はこちらからチェック!
Osaka Metroで巡るラーメンPart2 わざわざ足を運ぶ価値ある駅近の大阪名店はここ!

紹介したスポット

ストライク軒

[アクセス] 「天神橋筋六丁目駅」12号出口から徒歩約2分
[営業時間] 11:00~翌1:00(日曜日は23:00まで)
[定休日] 無休(臨時休業あり)

ふく流ラーメン 轍 本町本店

[アクセス] 「本町駅」27号出口から徒歩約2分
[営業時間] 11:00~15:00、18:00~22:00
[定休日] 無休(年末年始を除く)

K11

天神橋筋六丁目

min
T18

天神橋筋六丁目

min
C16

本町

min
M18

本町

min
Y13

本町