自分で焼いたお好み焼きは格別やん!
大阪グルメって最高

2020.06.26

us

Written by: Cedric(セドリック)

● なに入れても美味しい!お好み焼き

大阪のグルメで、やっぱり食べたいのはお好み焼き!
日本人の友達は家でも作るらしいけど、味を再現するのはやっぱり難しいと思って、手軽な冷凍お好み焼きをコンビニで買ったんだ!
レンジでチンするだけでできて感動したけど、自分で焼けるお好み焼き屋さんがあると聞いて、女友達のイイを誘っていってきたよ!

大阪にはお好み焼き屋さんがたくさんあるけど、意外と自分で焼けるお店って少ない気がする!目の前で焼いてくれたり、鉄板にアツアツが運ばれてきたり、お店のスタイルはそれぞれに楽しいけど、あのワザを自分でもやってみることができたら…!って思っていたんだ。


それで、今回、行ってみたかったのがミナミで70年以上続く「千日前 はつせ」っていうお店。個室みたいだし、自分のペースで焼けて、ちょっとくらい失敗しても平気!かな…?
お好み焼きの定番は豚肉だと思っていたけど、選べる具材がいっぱい!イカ、エビ、タコ、牛肉に貝柱、そしておそばも一緒に焼く「モダン」なんかもあるよ。
よし、今日はスタンダードに豚、そして、豚・イカ・エビが入った贅沢なミックスというメニューを注文してみた!

● さあ混ぜて、焼いて、ひっくり返して…

注文したら、店員さんが具材の混ざったボウルと別に生ものが到着。
生のお肉や海鮮は先に火を通してからボウルに混ぜるんだって。
小さなボウルでこぼさないように混ぜよう。イイ、それ全然混ざってないよ(笑)
全体が混ざったら、いざ鉄板の上へ!



イイはかわいらしく盛るようにのせたけど、僕はダイナミックに大きく広げたよ。さらに、「コテ」っていうヘラみたいなのを使って、そっと押さえて形を整えてみたよ。
鉄板で焼くこと5分…いよいよひっくり返すときが来た。2つのコテを使ってワンツースリーで、裏返しに!2人とも崩れることなく返せて一安心。

● トッピングも好きなものをのせのせ

焦げ目がつくくらい両面が焼けたら完成!!
そして、鰹節やマヨネーズ、青のりをトッピング。テーブルに用意されているから、好きなだけかけられてうれしいね!ソースを塗ったら、マヨネーズで覚えたばかりの「大阪」の漢字をお好み焼きにペイント!でも、鰹節をのせたら見えなくなってしまったよ…^^;


● やっぱり、焼き立て、おいしいわ!

好きなだけトッピングをしたら、いざ実食!!
コテで切り分けてイイが作ったのと食べ比べ。少し厚みがあるのはサクッと軽い感じがするけど、どっちもおいしい!こうして、自分で焼き加減を見ながら作るとよりおいしく感じるね。やっぱり、作りたてが一番♪


今度は、大阪人みたいにコテでハフハフいいながら食べてみたいなぁ!

紹介したスポット

千日前 はつせ

[アクセス] 「なんば駅」2号出口から徒歩5分
「日本橋駅」5号出口から徒歩5分
[営業時間] 平日11:30~24:00(L.O.23:00)
土曜、日曜・祝日11:00~24:00(L.O.23:00)
※当面は11:30~20:00(L.O19:00)
[定休日] 年中無休

M20

なんば

min
S16

なんば

min
Y15

なんば

min
K17

日本橋

min
S17

日本橋